FOODEX体験レポート 和食、チーズ、ワイン、ハラル食品、メジャーな国からチュニジアなどアフリカのムスリム国からも出展!

先日開催されたFOODEXへ行ってきました!

イタリア、フランスなどの言わずと知れた美食大国から個人的に好きなトルコ、またアフリカのムスリム国チュニジアまで何10カ国もの国々たブースを構えて自国の魅力的な食についてアピールをしていました。

 

個人的に面白かったのは、オーストラリアのカンガルー肉でしょうか。臭みもなくアッサリしてて正直美味しかったのですが、今後日本市場を開拓できるかは…。

個人的にはラム肉など好きなので有名になると面白そうなお肉だと思いました。

他には、台湾セクションでしょうか。紫芋のインスタ映えしそうなドリンクを展示していたり、最近至る所でGong Chaの行列が目立つタピオカがあったり…。

 

地中海料理好きの私としては、トルコやギリシャ、チュニジアセクションも満喫しました。オリーブオイル漬けしたトマト、向こうのヨーグルトのようなチーズ、どれもすっきりとした味わいが素敵でした。

 

 

応援していたインドネシアやマレーシアは人通りが少ない場所に存在していたのもあり、あまり人が多くなかったので割愛。

ただ、最新の食文化が一挙一動に揃ったこのEXPOは、そりゃあ毎日何万人も導入する大きなイベントになるなあと感心した1日となりました。

 

ここで見た食品が日本のスーパーの店頭で並ぶ日が楽しみです(^^)

 

ただ、やはり日本食は圧巻でしたね。肉を使わない精進料理を今回初めて食べたのですが流石日本。現代風にアレンジされているのかな?美味しすぎて試食が止まりませんでした(笑)。

これで健康ですからね….。本当に日本食は素晴らしい。食材の味と風味を活かした繊細な味付けなのですが、毎日食べても飽きがこないと思える日常に溶け込める美味しさでした♩

今回来られなかった方も、来年は是非検討して見てください。各国の根本的な味付けの違いから味覚を想像するのも楽しいですし、何より食は現代の人々の娯楽ですからね。ツーリズムでは根底となる、欠かせない部分だと思います。

以上、FOODEXレポートでした。

株式会社日本貿易保険について_世界への輸出をより挑戦しやすく

現状に対する危機感から、世界へ挑戦しようと検討している企業様は沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

ただ、知らない土地、日本では予想もできないトラブルなどを考えたときにリスクを恐れるのもまた事実。ただ、今はそんな世界に挑むグローバル企業を後押しする制度があります。

ご存知でしょうか?意外と知られていない輸出のリスクに対する保険。

法規制の変更、出荷時のトラブル、運送時のトラブルに対する海外輸出入保険の存在は実はあまり知られていません。

しかし、

 

海外へ挑戦したいと考えている企業様にとってこれほど心強い保険もありません。

 

大きく「輸出入」「投資」「融資」に対して起こりうるリスクへの保険です。

 

リスクの低い割と安定した国だと利率はそう高くありません。

 

 

上記状況にある場合には、是非検討してみてください。